インタープロトシリーズ

#25 T.A.O
松田 次生

#3 INGING MOTORSPORT


松田 次生 Tsugio Matsuda
1979年生まれ。93年からカートを始める。95年、全日本カート選手権FSAクラスに参戦。
97年にレーシングスクールSRS-Fに入校し、スカラシップを獲得。98年、全日本F3選手権で初優勝を果たし、 フォーミュラ・ニッポンにもスポット参戦(6位入賞)。99年、全日本F3選手権ランキング5位、マカオGPで4位入賞。
2000年、PIAA Nakajima Racingからフォーミュラ・ニッポンに参戦。第3戦で最年少優勝を達成し、大きな注目を集める。 年間ランキングでも4位を獲得。2001年シーズンからは、フォーミュラ・ニッポンと並行して全日本GT選手権にも参戦。 2002年、Formula Nippon年間ランキング5位、全日本GT選手権年間ランキング2位。
2007年Formula Nipponに「TEAM IMPUL」から参戦し、未勝利ながらもシリーズチャンピオンを獲得。翌2008年には 開幕3戦連続ポールtoウィン、開幕6戦連続ポールポジション獲得など圧倒的な速さを見せつけ、シリーズ史上初となる2年連続でのシリーズチャンピオンを獲得。
2011年にはスーパーGTに参戦しながら「NISSAN LEAF NISMO RC」の開発ドライバーに就任する。 2014年は7年ぶりNISMOに復帰しスーパーGTに参戦。最終戦MOTEGIで優勝し自身初のスーパーGTタイトルを獲得。
2015年は前年に引き続き「MOTUL AUTECH GT-R」でスーパーGTに参戦。最終戦で逆転し、2年連続のシリーズチャンピオンを獲得。スーパーGTと国内トップフォーミュラの両カテゴリでシーズン2連覇した唯一のドライバーとなる。
また、自身初のル・マン24時間レースへ「NISSAN GT-R LM NISMO」での参戦したが、残念ながらレース途中でリタイヤ。
2016年シーズンは「MOTUL AUTECH GT-R」でスーパーGTに参戦し、前人未到の3連覇を目指すもランキング3位でシーズンを終える。ル・マン24時間レースへはチームKCMGからLMP2クラスへ参戦するもののスタートから9時間過ぎにマシントラブルによりリタイヤ。

RESULT


1998 全日本F3選手権参戦 四輪デビュー series4位
全日本選手権 Formula Nippon series4位
以後Formula Nippon、Super Formulaに14シーズン
2002 全日本GT選手権(500クラス) series2位
2000年より全日本GT、SuperGTに16シーズン
2006 全日本選手権 Formula Nippon series2位
2007 全日本選手権 Formula Nippon seriesチャンピオン
2008 全日本選手権 Formula Nippon seriesチャンピオン
2014 SuperGT(500クラス) seriesチャンピオン
2015 SuperGT(500クラス) seriesチャンピオン
ルマン24hレース参戦、 IPS series5位
2016 SuperGT(500クラス) series3位
IPS series7位
2017 SuperGT(500クラス) series2位
IPS series6位
2018 SuperGT(500クラス) series8位
IPS スポット参戦

PROFILE


Date of birth 1979.06.18
Place of birth 三重県 Mie
Physical 175cm/67kg
Blood type RH+ A
Official web tsugio.com/