インタープロトシリーズ

2019 Inter Proto Series(ジェントルマンレース)第5戦 決勝結果

2019 Inter Proto Series(ジェントルマンレース)第5戦 決勝結果

『IPSジェントルマンレース第5戦決勝』
2019インタープロトシリーズ第5戦(ジェントルマン)決勝レース。全車ともスリックタイヤを装着してレースに臨んだが、フォーメーションラップ中に突然雨が降り出し、路面もウエットコンディションに変わっていった。これにより1周目からスピンする車両も発生した他、インタープロトでは珍しくレース中にタイヤ交換を行う車両もいるなど、順位が目まぐるしく入れ替わった。この難しい状況の中で速さをみせたのがCCS-Rクラスの車両。6周目に#5 山口達雄(NTP RACING NN CCS-R)がトップに立つと、#51 卜部治久(P.MU RACING CCS-R)が2番手に続き、インタープロトのマシンを引き離す走りを披露した。最後は2台による接近戦のバトルが展開されたが、#5 山口が最後までポジションを守りきり、CCS-Rクラスの車両が総合トップチェッカー。#5 山口は初参戦でいきなりクラス初優勝を飾った。IPエキスパートクラスは総合3位となった#32 永井秀貴(NETZ NOVEL MIE)、IPジェントルマンクラスは総合5位となった#55 虫谷泰典(人馬一体ドライビングアカデミー)が初のクラス優勝を飾った。

エキスパートクラス表彰台
ジェントルマンクラス表彰台

2019 Inter Proto Series(ジェントルマンレース)第5戦 決勝